贈答品や接待

このセクション:

    たまに贈答品や接待を交換することは、ビジネスの慣例と考えられています。しかしながら善意の贈り物でさえ、当社のポリシーや法律を犯し、不適切である場合があります。

    ダナハーのアソシエートは、ビジネスの関係に見合った手頃な価格の贈り物ともてなしに限り、やりとりが許されています。人に不適切な影響を与えるための贈り物や接待は許されていません。意思決定を偏らせたり、ビジネスやサービス、機密情報などの見返りが目的の贈り物や接待は、受け取ることも提供することもできません。 

    贈答品や接待を授受する際は、次のガイドラインの全項目に従ってください。

    • 手頃な価格であること。また頻繁にやりとりしないこと。

    • 受け取る側のビジネス上の判断に影響を与えたり、影響を与えようとしているような印象を与えないこと。 

    • 理にかなったビジネスの目的があること。

    • 贈答品と接待を正確に記録し、交流の性質を正しく反映すること。

    以下の行為は決して認められません。

    • 入札の過程での贈答品の授受。

    • 豪華な贈答品や接待の頻繁な授受。

    • 現金や現金に相当する贈答品の授受 (ギフトカード、ギフト券など)。

    • ダナハーや自分の評価にマイナスになるような、あるいは不名誉となるような贈答品や接待の授受。

    • 受取側の組織のポリシーに反する贈答品や接待。

    • 政府関係者への贈答品、特典、接待。

    贈答品と接待– 政府関係者

    政府関係者への対応には特に注意する必要があります。政府関係者 (国有会社の社員も含む)への贈り物や接待には、複雑な規定があります。商業的顧客には許されるだろうことでも、政府への対応においては不法にあたるかもしれません。

    • 政府関係者には、贈答品や接待等の恩恵を提供することはできません。

    • 政府関係者からアソシエートに対し、合法的な税金や料金以外の支払要求があった場合は、直ちに法務部に報告してください。

    • 質問のある方は、直ちに法務部に連絡してください。

     注記: 私たちが活動する多くの国では、政府をはじめ医療専門家、医療管理者、病院スタッフが、医療プログラムを運営しています。

    Q&A

    サプライヤーの方が、私にブロードウェーのショーのチケットを2枚くれるそうです。自分自身は一緒に来ることはできないけれど、友達と観に行くようにとのことです。おそらく高価なチケットだと思います。 受け取っても構いませんか? 

    サプライヤーが同行しないということですから、チケットは接待ではなく贈与品と見なされます。あなたのマネージャーから、ダナハーと事業運用会社のポリシーに沿ったガイダンスと許可を得てください。

    詳細はこちらでご覧ください:  Danaher ConnectのGift & Entertainment Policy (贈答品と接待ポリシー)