競合情報

このセクション:

    私たちは競合情報を合法的方法でのみ取得し、不実表示あるいは「諜報」「スパイ行為」と見なされる行為を通じて取得することは決してありません。

    • ビジネス情報の収集においては、常にダナハーのインテグリティの基準に従ってください。情報を得るために、詐欺、不実表示、欺瞞行為を働いてはなりません。 

    • 競合の元社員を雇用する時は、前雇用者の機密情報の守秘義務を尊重しなければなりません。

    • 競合活動が当社の行動規範にかなっているか、疑問を持った時は、直ちに法務部に相談してください。

    Q&A

    競合他社で5、6年働いた後で、ダナハーに最近入社しました。前職で自分が携わったマーケティングの機密情報と企業秘密を、現在のDHR Companyと共有してもいいですか?

    前職で身につけた知識やスキルはもちろん活用することができますが、あなたや他の人が前の会社のために制作し、保護されている機密情報をダナハーに持ち込むことはできません。そのマーケティング情報が前雇用者の極秘、機密、あるいは企業秘密なのであれば、それを共有・利用することは、当社ポリシーや前雇用者に対するあなたの義務に違反することになり、法を犯す可能性もあります。ダナハーのアソシエートに当社の情報を保護する義務があるように、あなたには前雇用者の情報を保護する義務があります。特定の情報について質問があれば、法務部に尋ねてください。

    関連ポリシーについて、詳細をご覧ください