情報の利用

このセクション:

    機密情報および/または企業秘密の無断公開は、ダナハーにとって不名誉なことであり、競争力を失わせ、顧客やビジネスパートナーとの関係を損なう恐れがあります。こうした理由から、このような情報は慎重に扱わなければなりません。次に挙げるのは、こうした情報の具体例です。

    • 全体または製品ごとの販売実績、
    • 顧客リスト、
    • 製品価格とコストの情報、
    • アソシエート、顧客、サプライヤーの個人情報、
    • 当社システム、製品、製品製造過程の技術的詳細、  
    • 当社のビジネス戦略、
    • 新製品発売計画。

    アソシエートは次のことを心がけてください。

    • 機密情報は合法的なビジネスの目的にのみ使用し公表してください。

    • 機密情報には、取り扱い・配布・破棄方法を示すラベルをとりつけてください。

    • パスワードを共有したり、友人家族を含む他者に、当社の情報技術リソースを使用させないでください。

    • ビジネスパートナーを含む第三者に情報を公開しないでください。公開する時は、必ず適切な許可を受けて、機密契約を結んでください。疑わしい場合は、マネージャーまたは法務部に確認してください。

    • 他の人に聞こえるかもしれない公共の場所で、機密情報について話さないでください。また、機密情報はもちろん、機密情報が入ったコンピューターや携帯電話などの電子デバイスを、盗まれたり他者がアクセスできる場所に置いたまま、その場を離れないようにしてください。

    これらの義務は、あなたがダナハーを退社した後も継続します。ダナハーを退社しても、ダナハーの機密情報を公開したり使用してはなりません。また、ダナハーの機密情報を含む書類やデバイスは、すべて返却しなければなりません。

    知的財産

    知的財産とは、発明、アイディア、ブランド、市場において優位性を提供できる独創的な仕事をさします。こうしたものは私たちが言うところの最先端のイノベーションであり、競合から守られなければなりません。ダナハーの雇用中、雇用後を問わず、無断での公表や乱用は、会社と顧客に損害を与える可能性があります。 知的財産を制作したアソシエートはその全員が、その知的財産を特定し守るため、Danaher Companyのポリシーとプロセスに従う必要があります。

    第三者は、その機密・専有情報を当社に委任します。従ってその情報を当社が慎重に取り扱うことは等しく重要です。第三者の機密情報は有効な使用許可あるいはその他の法的権利の条件に従ってのみ、使用します。 

    専有情報や知的財産の適切な使用について、質問または懸念のある場合は、法務部と話し合ってください。

    Q&A

    プロジェクトの仕事で、会社の機密情報を業務でよく扱います。プロジェクトの締切が迫っており、週末に仕事をしなければなりません。会社の機密情報を扱う仕事をするのに、自分個人のコンピューターを使用してもいいですか?

    会社の機密情報の保管が許されるのは、会社が発行したラップトップ、モバイル機器、ポータブルストレージ機器/フラッシュドライブのみです。これらには、会社の機密情報を守るソフトウェアがインストールされています。 会社が発行した以外の機器から会社の機密情報にアクセスしてダウンロードや編集を行うことは、自分と会社を情報の盗難や紛失のリスクにさらします。また、Danaher Information Securityポリシーにも反します。 

    詳細はこちらでご覧ください:
    Intellectual Property Policy (知的財産ポリシー)
    Danaher Information Security Policy (情報の安全性ポリシー)

    内部情報の保護

    業務の中で、ダナハーまたはその他上場企業の重要な非公開情報の存在に気づくことがあるかもしれません。この情報を個人の利益のために利用したり、他人と共有したりすることは、他の投資家に対し不公平であるだけでなく、違法にあたります。

    • に基づいて、株式、債券、ダナハーを含む上場企業のオプションや証券を売買してはなりません。

    • 重要な非公開情報を他者に提供してはなりません(この行為は「ティッピング」と呼ばれます)。

    • 重要な非公開情報には、次のようなものが含まれます。

      • 合併、買収、分離のニュース。
      • 企業証券の提供または売却の計画。
      • 会社に関わる大掛かりな規制措置あるいは訴訟。
      • マネジメントの重大な交替。
      • 大規模な契約獲得あるいは既存の大規模な契約の解約。
      • 重要な新製品、技術またはサービスの発売、あるいは既存の製品、技術またはサービスに関する重要な展開。
    • 以上に加え、特定のアソシエートは「ブラックアウト期間」の対象となります。この期間はダナハーの証券取引が許されません。またそれ以降も、ダナハーの証券取引にあたり、事前クリアランス(認可)が必要となるかもしれません。

    • 重要な非公開情報かどうかわからない場合は、法務部に連絡してください。

    Q&A

    ダナハーが検討している買収に関して、マネージャーに財務資料の作成を頼まれました。この買収は秘密で、まだ公表されていません。私が調査した情報によると、公表され次第、買収先の株は急上昇します。買収を計画している企業の株を買ってはいけないことは理解していますが、この情報を「インサイダー」ではない弟に教えてもいいですか?

    いいえ、いけません。機密情報ですから、他者と共有することはできません。この情報はまた、重要な非公開情報であるかもしれず、それを他人に教えることは、法律にも当社のポリシーにも違反する「ティッピング」行為と見なされる恐れがあります。

    関連ポリシーについて、詳細をご覧ください